無料相談

相続について

  • 手続き内容
  • 費用について

map

[事務所情報]

小田桐司法書士事務所

〒170-0013
東京都豊島区東池袋3-15-2
ライオンズマンション池袋701
TEL03-6808-7988
FAX03-3984-8448
オフィシャルサイト:
http://www.odagiri-office.jp/

[対応エリア]

東京、神奈川、千葉、埼玉
東京都 豊島区 池袋
ほか東京都23区、東京メトロ
副都心線、丸の内線 JR線
埼京線沿線 他
お気軽にご相談ください。

事務所案内

「日々是好日」日記 所長ブログ

オフィシャルサイト

オフィシャルサイト

お客様の声

Aさん

知人のご紹介。 兄弟2名での相続で、特に問題になることはありませんでした。ご自身でできる部分は動いて頂いたのでスムーズに手続ができました。

Oさん

HPからのご依頼。九州のご実家の相続手続でした。対象地に「墓地」があったため、法務局への相談が必要となる内容が含まれたり、多少イレギュラーな手続となりましたが、無事に手続終了しました。

Sさん

HPからのご依頼。自宅の相続手続きの他、隣接の土地を親戚3名から買い取る必要があり、相続手続きよりもこの売買手続の方にお時間が係りました。

Hさん

HPからのご依頼。兄弟二人の遺産分割による登記というオーソドックスな内容の手続きでした。
銀行口座の変更についても一部お手伝いしました。

Nさん

知人のご紹介。法定相続人が1名であり、戸籍もほぼご自分で集めていたので、本当に登記申請をお手伝いした様な感じでした。
2次相続で問題が発生しそうとのことで、引きつづき対応していきたいと思います。

Oさん

一度相談があってからしばら経っておりましたが、相続登記をしておく必要があるとのことでご依頼いただきました。
ご相続人である兄・姉様との調整も済ませていただけたので、手続きとしてはスムーズに進めることができました。

Kさん

知人のご紹介。
金融機関の名義変更がご依頼でした。 
海外在住で、数ヶ月に1度しか帰国しないため、帰国時にできるだけスムーズに進展できるように、メールなどで念入りに打合せをしました。

国内の相続人のとりまとめをしていただけけて助かりました。

Sさん

HPからのご依頼。
金融機関の名義変更がご依頼でした。年末の12月にご連絡いただいのたのですが、 諸事情でなんとか12月内に複数口座の名義書換を終えたいとのこと。
かなりタイトなスケジュールでしたが、金融機関に交渉するなどして年内に無事に手続き終了。 ご希望に添った結果となってひと安心でした。

Tさん

仕事関係のお客様からのご紹介。
公正証書遺言による相続登記。遺言書があったので手続き自体はスムーズに進みました。ご実家の相続手続きが済んでご安心いただけたと思います。

Y さん

弁護士さんからのご紹介。
3名様がご相続人でしたが、亡ご主人の配偶者が韓国籍、子供の1人が海外在住、ということで少し準備に手間取りましたが、皆さん協力的で無事に登記を終えることができました。

T さん

<HPからのご依頼でした>
内容的にはトラブルもなく、どちらかというと相続税か係るか否かががポイントのお客様でした。
結論がでるまで少しお時間がかかりましたが、分割内容が決まってからはスムーズに手続を進めることができました。

Y さん

<HPからのご依頼でした>
投資物件を多くお持ちで、登記よりも相続税が心配なお客さまでした。
金融資産の名義変更などはすべてご自身で済ませ、当方は本当に登記申請をお手伝いしたという感じでした。

S さん

<HPからのご依頼でした>
金融資産の名義変更のみのご依頼でした。
当初、親族の意見が2つにわかれているような様子で、双方から多くの質問を受けました。
当初の想定よりも時間がかかってしまいましたが、年内中になんとか手続を終えることができました。
とりまとめ役となった方が良く動いてくれたことが、とても助かりました。

M さん

<HPからのご依頼でした>
お父様が亡くなられてから3年ほど相続登記をしていなかった
ので、相続登記を進めたておきたいとのご依頼。
遺産分割は全く問題なく、スムーズに手続きは進みました。
自宅前の私道については、少し確認することがありましたが、
問題ありませんでした。

A さん

<税理士さんからのご依頼でした>
ご主人様がご病気でお亡くなりになり、気持ちの整理をつけるため、
相続関係手続きを一気にすませたいとのご希望でした。
日中はお仕事で忙しいため、できる範囲のサポートをしました。
ご主人のご両親との遺産分割協議が必要でしたが、調印手続きなどは、
当方が中心となって進めました。
ご両親も協力的でスムーズに手続きを進めることができました。

I さん

<HPからのご依頼でした>
亡くなられたご主人様の奥様、お二人の娘様、娘様のご主人、
の五名様が事務所の来所され、分割の協議となりました。

一団の土地が上手く区画されており、長女夫婦、次女夫婦が
お隣同士で、亡父の土地に建物を建てて生活をしています。
そのままの状況で、土地を相続です。
奥様は次女夫婦と同居に。

仲の良い家族で、「争族」とは無縁のご様子でした。
2次相続についても、特に問題はなさそうです。

H さん

HPからのご依頼でした。
ご感想のとおり、メールでのやりとりが多かったでしょうか。

父親の不動産の相続でしたが、兄が台湾に在住していたり、大蔵省の古い先取特権がついていたり、というイレギュラーなと部分がありました。
兄弟姉妹、皆さん協力的で、スムーズに手続ができました。

S さん

建築士さんからのご紹介でした。
母と2世帯住宅を建て、一緒に暮らすことになった息子さんからのご依頼。
2世帯住宅建築のため、数年間手続をしていなかった亡父名義の土地の相続登記をすることに。
長年疎遠になっている腹違いの亡姉の子供も相続人です。
手紙をお送り、司法書士ができる範囲(弁護士法違反にならないように)で、会って話したり、電話やメールで相続人間の考えをつきあわせ最後には納得してもらいました。
かなり神経使いましたが、無事に相続登記が完了。
記憶に残る案件となりました。

M さん

HPを見てお問い合わせを頂きました。

相続登記手続き自体は難しい内容ではありませんでしたが、借地権などもからむ相続のご相談・ご依頼でした。

弊事務所の「電話対応」や「概算費用案内」などにご納得いただいたことを非情に嬉しく思います。

Y さん

知人の紹介で、亡くなったご主人様の相続登記の依頼を受けました。

子供がいないために、亡ご主人の兄弟姉妹や甥姪が相続人となってしまうケースでした。良くあることですが紛争にもなりやすいケースです。

兄弟姉妹と甥姪が9人いて、中には何年も疎遠な方もいて、紛争にならないかと心配しましたが、幸いなことに連絡をとってみると皆さん協力的で無事に手続きができました。

大阪まで署名捺印をもらいに行った相続人もいて、記憶に残る仕事のひとつです。